成り上がり英語力

英語大嫌い人間が英語力成り上がって成功した物語?!

TOEICの点数は本当の英語力には関係がないし、就職や転職に意味ないと言われることが多いですが事実でしょうか? TOEIC800点を取得し業務経験無しから家電メーカー転職に成功した私がその価値についてぶった切りたいと思います。

266752352

TOEICの勉強は本当の英語力には関係ないのか?

TOEICの点数と英語力の関係は「関係ある」とも「ない」とも言えます。

「関係ある」と言えるのはTOEIC 500点~800点くらいのレベルです。このレベルはだいたい英語力がTOEICの点数に比例します。

「関係ない」と言えるのは500点以下か800点以上のレベルです。
500点以下の場合TOEICは難しすぎるのでその人の実力を測ることができません。
逆に800点以上でもTOEICで実力を測ることができなくなります。

私は家電メーカーの海外部に所属していますが、全員が英語を話せるレベル(800点以上)になると、英語力をTOEICの点数で測ることはなくなります。
流ちょうに話せる人でもTOEICを受けると800点台しか取れないこともありますし、帰国子女でも満点は無理です。
むしろ大学卒業したての試験に慣れている人の方が、「英語力」がなくても高得点を取れたりします。

TOEICは「試験」なので、試験対策をするかどうかで大きく点数に影響します。

この意味からはTOEICの点数は真の英語力には関係ないと言えます。

就活時にTOEICは意味がないのか?

これははっきりとTOEICは意味があると言えます。
就活はなんといっても書類審査です。私が働いている家電メーカーだと、新卒の就活の倍率は100倍以上ですし、入りやすい中途採用でも入社は10人に1人程度の倍率です。

そんななかでTOEICの点数が高いと「定量的な武器」になります。人柄や能力は面接時には表現できるかもしれませんが、まずは書類審査を通過するためには数字でアピールできる武器が必要です。
TOEICは企業の採用で最も重視される「数字」です。一流企業への就職を狙うのであれば必須と言えます。また、TOEICの点数さえ高得点であれば就職/転職は一気に楽勝になります。

家電メーカーの就職に求められる英語力は?

私の所属する家電メーカーの海外に関わるメンバーの英語力/TOEICの点数のイメージはこんな感じです。
どうでしょうか?思ったよりも低くないですか?

20代 TOEIC800点以上+留学経験or海外大学卒
30代 TOEIC700点代もいるが800点以上が大半
40代 TOEIC700点~帰国子女まで雑多
50代 TOEIC600点代の人もいる

年齢が上がれば上がるほどTOEICの点数は下がっていく傾向にあります。とりあえず800点あれば日系企業で40代以上の人から、「英語力がある」人材だと見られます。
そして、就職後は花形部門である海外関係への配属の可能性が大きくなります。

就職の面接官や最終決定者は40~50代の管理職レベルの人たちです。この英語の苦手なゾーンの人たちにとって、TOEIC800点というのは「すごい能力」に見えるのです。(本当は簡単なのに)

この話は文系でしかも海外部門の例ですが、もしあなたが理系や国内部門志望だとするとTOEIC700点もあれば相当英語ができる人材と見てもらえること間違いなしです。

就活生/転職希望者が何よりTOEIC点数アップに注力すべき理由

就職、転職したいなら絶対にTOEICは高得点を取っておくべきです。上でも記載していますが難易度が一気に下がります。
新卒で就職したときはTOEIC500点で、就職活動でことごとく人気企業に落とされました。。
転職時は30歳を超えていましたが800点あったおかげで今の会社も含めて、受験した8社全部に落ちませんでした。

就活/転職でTOEICを注力すべき理由は3つです
・書類審査にめちゃくちゃ強くなる
・面接時にはじめから有能な人材としてのぞむことができる
・TOEICの「点数だけ」上げるなら短期集中でできる



・書類審査
これは上でも書いている通り点数があれば書類審査は楽勝です。よっぽど学歴が低いか問題のあるキャリアでなければTOEICの点数が最強の武器です。海外部門/国内部門のどちらの志望かよらず両方に有効です。
私はいろんな会社を受けましたが転職時は書類審査が面白いように通りました。

・面接時
TOEICの点数が高いだけで、面接時に有能な人材として迎え入れられます。面接は落とすための試験なのですが、英語ができる人材はそれだけで厳しい面接をされにくくまります。

私はTOEICの点数だけ800点取って実際は英語がほとんどしゃべれない状態で転職面接を受けました。趣味の海外旅行の話なんかをして、いかにも英語ができますという感じにしているだけで、面接に受かっちゃいましたw

「点数だけ」上げるなら短期集中でできる
TOEICは先ほど書いたように試験です。本当の英語力よりも試験対策で大幅に点数を上げることができます。
正しい勉強をすれば 2ヶ月で200点点数をあげることができます。実際私も一気に勉強してTOEICの点数だけ上げて、いろんな面接を乗り切りました。

短期間でTOEICの点数をぐっと上げる秘密の方法は別の記事で紹介していきますので、楽しみにしておいてください。

まとめ

TOEICの点数は就職に意味ないのか?ということを考えてきました。家電メーカーに転職した私の経験から言うとめちゃくちゃ意味ありです。
外資系企業なんかの帰国子女がごろごろいるような会社だとまた変わってくるのかもしれませんが、少なくとも日系企業にはTOEICは一番の武器になります。

実際の英語力がなくてもTOEICの点数があるだけで書類審査・面接に楽勝で通ることができます。
しかもTOEICは正しい勉強をすれば、短期間で一気に点数を伸ばすことができます。

本当の英語力にあまり関係がないという言い訳をするよりも、人より高い点数を取れるようになって就活や転職を有利に進めてみませんか?


このサイトでは英語が大嫌いで数々の勉強法に失敗して来た私が、成功した英語の勉強法を紹介しています。コツをつかんだ正しい勉強さえすればTOEICの点数や英語力を伸ばすのは簡単です。
過去の私と同じ境遇で英語に苦労されている方はぜひ他の記事もご覧になってください。




ページ上部に