オンライン英会話の評判、口コミを比較したサイト

リスニングパワーの賢い使い方をご紹介

言語学者スコット・ペリーが開発した日本人に特化した英会話における障害を段階的に丁寧に矯正ていくことでネイティブレベルの聞き取り能力、発話能力を付けることができる話題の英語教材リスニングパワーですが、今回はあなたの学習効果をよりアップさせる賢い使い方についてご紹介していきます。

 

 

LとR音を徹底して反復練習

 

日本人が英会話においてぶつかる最初の壁とも言えるLとR音。リスニングパワーでも当然この問題に取り組んでおり、きちんとこの問題を改善するセクションがあるので徹底してトレーニングしてみましょう。
例えばRead(読む)とLead(鉛)の違いを日本人は聞き取れません。聞き取れないということは当然発音もできないということです。リスニングパワーではこの問題を1セクション分を使い重点的にカバーしてくれるのでこれを活用しましょう。個人的にもここは最も重要な部分なので特に徹底して反復練習されることをおすすめします。

実際このセクションのサンプルを聞いてみましょう。あなたが抱える英語発音の問題が1つクリアにされていくと思います。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/eigomaster/voice/lp-voice1.mp3

 

リスニングパワー画像2

 

抑揚を意識して聞いてみよう

 

日本人の英語が通じないもう1つの大きな要因はいわゆるカタカナ英語と言われるフラットな発音法です。英語は常に一定のリズムとイントネーションの元に話されるのですが、これは単語ごとの発音にも当てはまります。リスニングパワーでは当然この問題もクリアーにされます。1セクションを使い同じ単語のネイティブ発音と日本語発音を同時に聞かせてくれるので両者の違いに意識して聞いてみてください。違いがわかればあなたのカタカナ英語をネイティブ英語に矯正していくことが容易となっていきます。急にワンテンセンスごとに抑揚やリズムを付けていくよりもまず1単語ごとにこれをできるようになっていきましょう。最終的に長いセンテンスでもネイティブのようなリズム感を持った発話が可能になっていくでしょう。

 

この点をカバーしているセクションのサンプルを聞きご自身で日本語発音とネイティブ発音の違いを確かめてみてください。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/eigomaster/voice/toeic-listening-sample2.mp3

 

リスニングパワー画像3

 

まとめ

 

今回は言語学者スコット・ペリーが開発した英語教材リスニングパワーの賢い使い方をご紹介しました。発音は英会話において最も大切な要素ですが、この教材は日本人が抱える発音の問題を段階ごとに懇切丁寧に解きほぐし、矯正していってくれる非常に優れたものだと思います。みなさんもぜひお試しあれ。

 

詳細、お申込みはこちから → 英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

 


関連記事

当サイトおすすめのオンライン英会話

ページ上部へ戻る