オンライン英会話の評判、口コミを比較したサイト

リスニングパワーはTOEICに対しどれだけ有効か検証!

数々の日本企業や日本人女優の発音指導に当たってきたアメリカ人言語学者スコットペリーが送る「英語脳」ならぬ「英語耳」を作り出す驚異の学習法リスニングパワーですが、今回は同教材がどれだけTOEICスコアアップに有効かを検証していきたいと思います。

 

 

リスニング力アップが確実なスコアップにつながる

 

TOEICの配点の半分はリスニングです。そして日本人が最も苦手とするのもやはりリスニング、逆にここを大きく改善することにより他と大きな差がつけられますね。12歳までの環境で言語に対する適応力が決まってしまうと言われています。その後にいくら外国語を聞いても、脳はその言葉を母国語の音に置き換えて認識してしまうのです。しかしスコット・ペリーはこの問題に取り組み見事に解決法を開発しました。リスニングパワーを繰り返し聴くことで、子供の頃から眠っていたリスニング能力が開発されます。

 

リスニングパワーTOEIC1

 

 

周波数の特定により子供の頃から眠っていたリスニング能力を開発

 

では、一体どうやって12歳までに固定されてしまったこの脳の「設定」を変ていくのか?鍵は周波数にありました。サウンドエンジニアや科学者により開発された日本人が聞くだけで英語が聞き取れる周波数エリアの特定に成功、これにより子供ころは認識できていた英語周波数帯域を、30日間リスニングパワーを聞くだけで取り戻すことができます。
リスニングパワーを繰り返し聴くことで、英語の周波数を脳に送ることができるので、今まで聞き取れなかった周波数の英語も聞き取りが可能となっていくのです。

 

実際のメカニズムは、アップされている公式動画で確認できます。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/eigomaster/listeningpowertoeic/movie.html

 

TOEICにおいてリスニングセクションは多くの方が頭を悩ますパートでもありますが、リスニングパワーによりネイティブ特有の音域を掴むことでよりクリアに英語を聞き取れるようになっていきます。

 

 

まとめ

 

今回はスコット・ペリーが開発した英語教材リスニングパワーがいかにあなたのTOEICスコアップに寄与するかを検証してみました。やはりリスニングはTOEICにおいて鬼門と言えると同時にスコアアップが最も可能なパートでもあります。是非リスニングパワーを活用しスコアアップを実現し、あなたの将来の成功確率を引き上げてみてください。

 

詳細、お申込みはこちから → 英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

 


関連記事

当サイトおすすめのオンライン英会話

ページ上部へ戻る