成り上がり英語力

英語大嫌い人間が英語力成り上がって成功した物語?!

自己紹介がてら私が英語でどうやって失敗してきて、どうやって英語力を逆転してきたかを書こうと思います。それぞれの時代で意味あった/なかった勉強法を記載します。

「過労の末倒れてしまった社畜」の写真[モデル:大川竜弥]

幼少期~小学生

<英語勉強法>
意味あり:父親の海外土産
意味なし:習い事の英会話

実は親が割と教育熱心で英会話に通わされていました。当時としては割と進んでいた方じゃないかと思います。
ただ、まったく意味がなかったです。

外国人がやる英会話だったんですが、当時の外人の英語講師ってまともな人が少なくて(今でもかな)、今思うと子供相手だと思ってなめくさった授業やっていましたね。
そんなこんなもあっていくつか英単語覚えた程度で中学を迎えました。

唯一この時代によかったのが父親が海外出張が多く(父親も英語はできないけど何故か海外よく行っていた)海外の訳のわからない置物とかのお土産をよくもらっていました。
これが自分の「将来海外で働きたい」という原動力になっていたと思います。


今考えるともっと他にもっとこうすればよかったなという勉強法があるので紹介します。周りの帰国子女じゃないけど英語ペラペラ人間10人に聞いてみた結果です。
→ 幼少期にやった方がいい英語力アップ勉強法(Coming Soon)

中学~高校

<英語勉強法>
勉強という勉強はせずw

中高時代はまさに英語暗黒時代です。
英語教師って気持ち悪い人多くないですか?教師が嫌いだったのと、将来のなまけぐせで授業はほぼ聞いていませんでした。

教師用指導書って知ってます?↓みたいな先生用のカンペみたいなやつなんですけど。試験前は何も勉強せず、この教師用指導所で日本語部分だけ読んでました。

当然のことながら、中1→高3で一直線で成績は下がっていきました。
小学校で英会話に通わせていたお父さんお母さんごめんなさい。まったく効果なしでした(+_+)

浪人~大学受験

<英語勉強法>
意味あり:センター試験の勉強
意味なし:英単語丸暗記、英文丸暗記、ニュース聞き流し、シャドーイング

当然英語のできない私は大学受験は失敗。浪人することになりました。
ちなみに高3のセンター試験の結果は105点/200点満点でした。


浪人時代はさすがに英語を勉強しました。
一年間平均で1日2時間以上は勉強していました。

ただ、今まで英語の勉強をして成果を出したことのない自分は効果的な勉強法がわからなかったので、とにかくがむしゃらにやってみました。

この時実践した勉強法はこちら
・ターゲット1900(英単語帳)を丸暗記
・ウォークマンで毎日英語のニュースをリスニング
・英字新聞の内容を丸暗記
・シャドウイング
(ネイティブのスピーキングの後に自分で繰り返す練習法)

はい。
全部無意味でした!!!!!!

タイムスリップできるなら、過去の自分に合ってぶん殴って全部やめさせたいです。
1日2時間も勉強して、それが正しい勉強法だったら受験までに英語ぺらぺらになってたはずです。

今考えると間違った方法ですが、ほぼゼロから1年間勉強したおかげで何とか2流大学には進学をかなえました。
ちなみにセンター試験の点数は140点でした。1年で35点アップはなかなかですね。

大学時代~就活

<英語勉強法>
意味あり:短期語学留学
意味なし:大学の英語の授業

浪人時代はがんばって勉強していたのですが、残念ながら大学は4年間遊び回りました。
英語の勉強もなるべく単位の取りやすい先生を狙い撃ちで受講して乗り切りました。
ということで

意味のあった英語勉強法は海外短期留学です。
長期休みを利用してロンドン、ボストン、ロサンゼルスに1ヵ月×3回留学しました。

机に向かう勉強はほとんどした思い出はないですが、これだけ短期留学を繰り返したおかげで、大学時代にTOEIC500点代をゲット!

自分としてはがんばった500点代でしたが、就職では一切武器にならず・・・
海外と関わる仕事で就活しますがすべて通らず。
志望度の高くないメーカーの国内営業マンとして就職することに。

社会人時代~大学院進学

<英語勉強法>
意味あり:文法の問題集、TOEICリスニング
意味なし:アメリカ映画を100本ノック


国内営業マンとして社会人人生を歩みだしましたが、いつかは海外で働きたいという思いは捨てきれず。こつこつ毎日勉強を始めました。

はい。嘘ですごめんなさい。
大学時代と同じで就職して3年くらいは、社会人が楽しくて遊び回っていました。
せっかく短期留学で鍛えた英語力もほぼ消え去ることに・・

さすがに3年くらいたったある日、あれ?俺の人生このまま何もできずに平凡に終わっていくんじゃ?と気づいた自分は一念発起。仕事をやめて海外の大学院を目指すことを決意。
社会人4年目からは受験を目指して勉強をスタートしました。

ところが、勉強開始後1か月で挫折。だってTOEFLってむつかしすぎwww
英語の問題文見るとわかる単語より知らない単語の方が多いという事態に!問題1問も解けず挫折。

ということで、すぐに国内の大学院に進路をダウングレード。(意思が弱いw)
国内の大学院はTOEICだけでOKなのでだいぶハードルが低いです。

ということで半年ほど仕事が終わった後にカフェでTOEICの勉強をすることに。2時間*180日くらいは実線したかな。
このなかで 文法の問題集、TOEICリスニング を解くというのが伸びが実感できた勉強法でした。

4月から勉強を始めて11月のTOEICでぎりぎり700点代オーバーをゲット!!!うおおおお!

ということで、この結果を基に大学院受けたら。
まさかの超一流国立大に合格!!!!!

こっから人生が一気に上昇気流に。

TOEICありがとう!
半年の勉強だけで一気に人生を変える力があるなんて英語すごすぎです!!
コスパよすぎ!!!

大学院~就職

<英語勉強法>
意味あり:TOEICの勉強
意味なし:大学院留学 (半年)、論文読む

大学院時代はさすがに心を入れ替えて勉強しました。
とはいえ仕事してた人間からしたら勉強とかちょろすぎます。1日中勉強しかしなくていいんですよ。楽勝です。
余力で女子大生とうはうはしてたら卒業しちゃいました。

そうそう、大事なことがありました。
大学院在学中にドイツに交換留学しました。ドイツなんて誰も留学したくなかったのか運よく私が行けることに。
ここでの話もまた詳しく書きますが・・

結論だけ言うと、留学はほとんど英語力伸びませんでした。
ドイツですが授業は全部英語のものを受講したのですが、ほんとまったく何を言っているかわからず全部単位落として帰ってきましたwww 大学院始まって以来の前代未聞です。

TOEICの点数だけ上げて本当の英語力がついていない自分にとっては海外留学はハードルが高すぎましたw ということで、交換留学は難しすぎて意味なしです。

意味のあった勉強はTOEICの勉強です。
大学院卒業時に再度転職活動をしないといけないのですが、今度は本気で海外関連の仕事を志望しようとしてTOEICに取り組みました。
結果860点をゲット!!!!

ふふふふ。
晴れて英語エリートの仲間入りです。

一流大学院出身+TOEIC800点以上を武器に、縁あって家電メーカーの海外部門に就職しました。
英語がいやでいやでしょうがなかった自分が、ついに子供のころからの夢だった海外と関わる仕事に転職することができたのです。

海外部門での仕事

<英語勉強法>
意味あり:オンライン英会話
意味なし:さすがに意味のない勉強法はしなくなりました

実は就職してからが本当の苦しみの始まりでした。TOEICの点数はありますが、まだまだ英語がしゃべれるというレベルではなかったからです。

就職して1年くらいは鬱状態でしたwww
・打合せの内容がまったく聞き取れない
・英語の打合せでYesとThank youしか言えない
・英語のメール書くのに1本1時間かかる
・資料作るのに間違った英語で書いて指摘されまくる


ということで、転職して半年してからオンライン英会話を始めました。
そこからメキメキ英語力が伸びました。30過ぎてからびっくりするくらいの伸び率でした。
オンライン英会話の効果については書きたいことがありすぎるのでまた書きます。

そして真のグローバルビジネスマンに

それから勉強と実践を続け海外部門で一人前になるのに3年かかりました。
おかげさまで今では一人で海外に行って何もびびることなく仕事を回すことができるようになりました。

長文になってしまいましたがお付き合いいただきありがとうございいました。
英語が本当に大嫌いで苦手で才能のない自分でも、ゆっくりゆっくりあきらめずに勉強したところ、思いもかけず憧れの海外部門の仕事をこなしています。

ただ、ここで書いた通り本当に意味のない勉強法を誰よりもしてきましたし、苦労もしました。
もし一直線で正しい勉強をしていればもっと早く、もっと高い英語力が身についていたと思うと悔しくていっぱいです。

このブログでは、これから自分と同じように英語で仕事がしたいという人が、自分と同じ苦労をしないように私の勉強のエッセンスをお伝えできればと思います。


タグ:

ページ上部に