オンライン英会話の評判、口コミを比較したサイト

「聞くだけ教材」エブリデイイングリッシュの使い回しフレーズに注目!

積極的にプロモートを行うセインカミュ氏絶賛の実践的英会話教材エブリデイイングリッシュですが、今回はエブリデイイングリッシュの特色の1つである英会話においてあらゆる場面で使用可能な使い回しフレーズについてレポートします。

 

 

日本の英語教育の問題点をクリアにした実践的頻出フレーズが満載!

 

日本の英語教育ではアメリカでめったに使われない表現などを教えてしまっているので、日本人の英語表現は現地の人たちにとっては不自然に聞こえてしまうこともままあります。例えばGoodByeはアメリカではあまり一般的ではなくむしろSee you,See you later, bye、have a nice dayなどがよく使われます。エブリデイイングリッシュではより実践的で実用的な英会話表現を覚えていけます。

エブリデイイングリッシュのこういった長所を開発者の1人、ステファン・マガシッツさんがわかりやすく説明してくれているのでご覧下さい。

 

よりネイティブが好む実用的でポピュラーなフレーズを厳選

 

エブリデイイングリッシュで覚えられるフレーズはネイティブにとっての日常頻出語を厳選しているため、どの場面でも使いまわせる実用的な言い回しを覚えかつ使用できるようになります。最新のインターネット用語にも対応しているのでより一般性の高い、よりネイティブに好まれる会話フレーズが覚えられます。
日本人がネイティブとの会話に失敗してしまうのは受け入れられ難い表現をよく使ってしまうことにあります。この便利な使い回しフレーズを用いてネイティブとの親和性を高めていきましょう。

 

everydayEnglishphrase1

 

学校で教えられない必須事項をきちんと指摘

 

例えばDon’tとDo not の意味の違いを日本の学校ではきちんと教えていません。前者は軽い否定であり、後者はかなり強い否定の意味をもちます。ですからDon’topen the doorはドアを開けちゃだめよという穏やかなニュアンスですがDo notopen the door!はかなり強い、叱りつけるようなニュアンスになります。notがより強調されているわけですね。
他にもmustとhave toの違いなど知らなければ誤解を受けるような必要事項もきちんとフレーズに組み込まれています。

 

everydayEnglishphrase2

 

 

まとめ

 

今回はエブリデイイングリッシュの特色でもある使い回しフレーズについてまとめてみました。現実的な英語表現を反映したフレーズなので非常に役にたつと思います。私もネイティブ環境にいたとき初めて気づいた日本人特有の問題点もきちんとクリアにされているので実際の英会話に役立つこと間違いなしです。

 

詳しくはこちらも参考にしてください → 【5年連続売上日本一】新型タブレット全員プレゼント★流して聞くだけで簡単♪英語・英会話教材…

 


関連記事

当サイトおすすめのオンライン英会話

ページ上部へ戻る